ELLE Germany

トラフィックを増加させてオーディエンスを喜ばせる

グローバルブランド ELLE グループの一つ、ドイツ有数のファッション雑誌 ELLE は、ドイツの読者向けに最新のビューティー、ファッション、ライフスタイルといったテーマのコンテンツを発信しています。ELLE Online は、トラフィックの増加と、ブランドの認知度およびコンテンツのエンゲージメントの向上を目標としていました。

保存ボタンを使用する

ELLE Germany は、訪問者が気に入った記事を簡単に保存できるように、ウェブサイトとモバイルサイトに保存ボタンを追加しました。通常保存ボタンの効果として、記事が他の Pinterest ユーザーの目に触れる回数や、ピンの保存回数、参照トラフィックの増加などがありますが、ELLE Germany の場合その効果は絶大なものでした。保存ボタンを追加してわずか 1 か月で ELLE Germany の elle.de からユーザーが追加するピンが 3 倍になり、その後も増え続けているのです。

4000 %
クリックスルーの増加
1000 %
保存数の増加
3 x
1 か月あたりに保存されるピンの増加
Susanna Riethmüller
ELLE Germany のデジタルディレクター
「Pinterest を利用することを決定し、Pinterest 上でのパフォーマンスを最適化すべく、さまざまな方法を試してみた結果、投資した以上のエンゲージメントが得られました。現在ソーシャルメディアからの ELLE Germany への参照トラフィックにおいて、Pinterest は 2 番目に大きな情報源となるまでに成長しました。」
Pinterest のプロフィールをプロモートする

プロフィールに磨きをかけた後、ELLE Germany は Pinterest で同ブランドを PR するためのキャンペーンを行いました。「Follow us on Pinterest(Pinterest でフォローする)」バナーをデザインし、ウェブサイトに掲載された記事の下部とサイドバーに配置しました。また、ELLE Germany の新しい Pinterest プロフィールについての記事を作成し Facebook および Twitter に投稿し、ユーザーの好奇心をかき立てました。

「数か月前に始めたキャンペーンですが、今なお素晴らしい成果を上げています。プロフィール上のピンには、良好なエンゲージメントが引き続き見られます」 と ELLE Germany ソーシャルメディアエディターの Teresa Strohm 氏は言っています。

Pinterest でユーザーを満足させる
  • 毎日ピンを保存する:ほぼ毎日ピンを保存することにより、ELLE Germany はユーザーにフレッシュで素晴らしいコンテンツを定期的に提供し、ブランドの存在感を強めています。
  • デザインの優れたピンを作成する:ELLE Germany はエディトリアルコンテンツを目立たせるためにスタイリッシュな写真を使用するだけでなく、クリエイティブのベストプラクティスに従ってテキストを重ねた縦長のピンとデザインし、一瞬でユーザーの注目を引きつけるピンにしています。全体的に見ると、ELLE Germany で保存数とリンク数が最も多い記事は、このような縦長のピンでプロモートされています。
  • マーケットが求めるテーマに注力:Pinterest アナリティクスを使用した結果、ELLE Germany はオーディエンスが特に好きなのは、美容についての役立つ情報や商品、レシピやフードのトレンドに関するピンであることを発見しました。そこで、このような好みにあったピンを保存し続けるほか、雑誌の編集チームも Pinterest の季節のインスピレーション美のトレンドなどを、会社のサイトにピンを埋め込んで定期的に表示しています。
スタイリッシュなサクセスストーリー
  • ウェブサイトのクリックスルーが 4000% 増加
  • ピンの保存回数が 1000% 増加
  • 毎月 ELLE Online で保存されるピンが 3 倍に増加
  • 現在 Pinterest は ELLE Germany の SNS の中でも 2 番目に大きな参照元
ELLE Germany からのアドバイス
  • 会社のウェブサイトのマーケティングキャンペーンで、Pinterest プロフィールのプロモーションを行う
  • 保存ボタンを使用してユーザーが自社サイトで気に入ったモノを簡単に保存できるようにする
  • 縦型のピンを使って注目を集め、クリック数を増やす
  • Pinterest アナリティクスで得られた情報をピン戦略に生かしましょう
  • Pinterest をエディトリアルの記事の情報源として使用し、ピンウィジェットを埋め込みましょう