Burberry

目標

イギリス生まれのブランド、Burberry はデジタルマーケティングで有名です。 マスカラ「Cat Lashes Mascara」 の開発を始めた時、マーケティングチームは店頭で商品を試すときのような個人的でユークな体験をデジタル処理で再現しようとしました。彼らの目標は新たな顧客を獲得し、顧客をインスパイアして Burberry のビューティーラインを試してもらうことでした。

取り組みの狙い

美容に対する意識が高い若い世代をターゲットにしていることから、Pinterest で Cat Lashes Mascara を紹介するのはとても自然な流れでした。Pinterest は深いつながりをもつデジタルビューティーのユーザーを最も多くかかえます。 また、ヘアメイクに関するアイデアを探すユーザーが毎月3800万 訪れます。ユーザーはを商品やブランドのアイデアを求めて Pinterest を利用し、Pinterest は他のどのプラットフォームよりコスメの販売に影響を与えます。 

Pinterest ではじめてのカスタムビューティー体験を提供する、Pinterest API を利用したサービスを Burberry と Pinterest が共同開発しました。ユーザーは自身の美容習慣について簡単な アンケート に答え、 商品情報、美容に関するヒント、モノグラムのついたコンテンツを含む、自分だけのボードが与えられます。 ボードは自動的に作成されますが、ひとりひとりのユーザーのために高度にカスタマイズされています。ユーザーは自身の美容習慣に Cat Lashes Mascara をどうやって取り入れるのか、これらのカスタムピンによって考えることができます。

結果

キャンペーンによって Burberry 商品の認知度が上がり、ユーザーはインスパイアされてマスカラを購入しました。ユーザーは 百万件 の Burberry メイクのピンで構成された 3万件 以上の自分専用のボードを作成しました。サンプルはすぐになくなりました。 5千個 のサンプルはキャンペーンを始めて  日間でなくなりました。また、カスタムピンにクリックすることでSephora から直接商品を購入できるよういしたことでも、このキャンペーンは売り上げ数を伸ばしました。

Burberry のマーケティングを通じて、カスタマイズしたコンテンツと Pinterest API を連動させることの価値を見せつけました。そこで、2016 年のホリデイシーズンには API を使ったキャンペーンをもうひとつ行いました。Burberry ギフト検索によってユーザーはカスタマイズしたギフトのアイデアを集めたボードを作成しました。