Pinterest のクリエイティブな活用方法

クリエィティブ戦略で重要なのは、アート的な感性と数値データのバランスをうまく取ることです。以下のアドバイスを参考に、ビジネスの内容や目標やに合う工夫をしてみましょう。    

最高のアイデアをピンにする

ユーザーは、ブランドやビジネスに関するアイデアや、試してみたいピン、新しいアイデアなどを探しに Pinterest にアクセスします。ユーザーの行動を誘発し、インスピレーションが溢れるアイデアを表すピンを作成しましょう。

まず、Pinterest 向けのデザインを作成する

ユーザーはホリデーイベントや季節の行事の予定を立てる際、かなり前もって Pinterest を使い情報を集め始めます。ユーザーのニーズに応えるためには、次の祝祭日、季節の行事、ホリデーイベントなどのおよそ 45 日前から関連するピンを作成すると、成果につながる可能性が広がります。他のチャンネルへ投稿する時期よりも早いタイミングで作業にとりかかるため、まずは、Pinterest 向けのデザインを作成することから始めましょう。

説得力のある画像を使う

Pinterest はビジュアルプラットフォームです。ユーザーの目に留りやすく、メッセージが明確に伝わる画像を使用すれば、競争に打ち勝つことができます。

ビジネスの成果につながるピンを作成するには、次の 3 つのポイントに気をつけてください:(1) 商品単体の写真の代わりに、実際に商品が使用されている様子を示すライフスタイル写真を使い、ユーザーの目に留りやすくする。(2) 高解像度で見栄えのよい画像を使う。(3) ひと目でメッセージが伝わる、すっきりとした見やすい写真を使う。

縦長のピンを使う

ピンは列ごとに整理されて表示されます。Pinterest のプラットフォーム上では、縦長のピンが通常サイズのピンより大きく表示されるため目立つ傾向にあります。縦長のピンの理想的なアスペクト比は 2 : 3(横 600px × 縦 900px)です。

また、正方形の画像(横 600px x 縦 600px)も効果的です。縦 1560px 以上の長いピンは途中で見切れてしまうため、ユーザーはクリック/タップして拡大しないとピン全体を見ることはできません。ピンのアスペクト比は見栄え良く表示されるよう最適化されています。

画像内にキャッチコピーを追加しメッセージを伝える

ピンの画像だけだと意図が明確に伝わらない場合は、キャッチコピーを画像に追加してみましょう。見出しや小見出し、注釈や他のクリエイティブな方法で画像のメッセージをユーザーに伝えてください。

ブランディング要素を取り入れる

さりげないブランディングを取り入れることで、ブランドの信頼性が担保されるとともに、コンテンツの発信元がユーザーに伝わりやすくなります。

ピン画像内に商品やパッケージを含めると良いですが、ロゴを追加するだけでも効果は期待できます。

ピンに説明文を追加する

ピンはクリック/タップすると拡大表示され、同時に説明文が表示されます。説明文が明確だとアイデアがより魅力的に見え、ユーザーもアクションを取りやすくなります。ウェブサイトへのクリック数を増加を目標とする場合、サイトにアクセスすると、さらに多くの発見があることを説明文で示唆しましょう。「買い物をする」「つくる」「見つける」「購入する」などの明確なコールトゥアクション(CTA)は、ユーザーを次の行動ステップにへ導きます。

Pinterest 内の検索向けに最適化する

ターゲットに設定したキーワードの検索結果に表示されるため、ピンにはキーワードに一致する画像、タイトル、説明文を追加してください。ピンを表示するタイミングや対象にするユーザーを検討し、ピンに関連性のないキーワードは使用しないようにしましょう。

例えば、食品関連の会社の例として、年末年始のシーズンに向けたレシピピンを表示する場合、「年越しそば」「おせち料理」「レシピ」といったテーマに関連するキーワードを使用しましょう。あるいは、金融サービスを提供する会社の例として、住宅の購入を検討中のユーザーにアプローチしたいと希望する場合、「家を購入」「住宅ローン」といったキーワードを使うとよいでしょう。

Pinterest のプロモート動画

Pinterest でアイデアを実現する上で、最も説得力のある方法は動画(ビジュアル、サウンド、動き)かもしれません。できるだけ大きく画面に表示できるように、動画はモバイル向けにデザインし、正方形(1:1)または横長(9:16)のサイズにしてください。

ユーザーにアイデアを見てもらうこと、ブランドの認知やストーリーを伝えることが目的なら、再生時間の短い動画のほうが効果が高い傾向があります。一方で、教育やチュートリアルなど、アイデアについてユーザーに何かしてもらう場合は、再生時間が長いほうが効果的です。いずれにしても、音声がなくてもメッセージが伝わるようにすることが大切です。