Pinterest で必需品をリサーチする大学 1 年生

昔から大学に通うと思っていた Jillian は、どこに行こうとも、人生の次のステージに向けて様々な必需品が新たに必要になることをわかっていました。フロリダ州オーランドで生まれ育ち、18 歳となった彼女は、大学生活の必需品リストをオンラインで確認し始めたところ、そのリストが不十分であることに気づきます。

「足りないものがたくさんありました」と語る Jillian。

そこで自らこの問題を解決するために、Pinterest でオリジナルのチェックリスト作りに乗り出します。プランナーの心構えを持って取り組む彼女が大切にしたのは、量より質を重んじる精神です。

「少し予算の設定を高めにしました。大学の寮や初めて借りるアパートだけでなく、初めて一軒家に住んだときも使えるもの、長年使えるものを買いたかったのです」と Jillian は言います。

Jillian

大学の入学準備

まず Jillian は、想定される必需品をカテゴリー別に分類した Pinterest のボードを複数作成しました。キッチン、ベッドルーム、バスルーム、整理整頓、クリーニング、インテリアといったカテゴリーのボードです。リサーチの過程でお気に入りのアイテムを紹介するピンを見つけ、Williams Sonoma のオープンキッチンプレートや OXO のミキシングボウル、製氷皿、小型冷蔵庫、Seventh Generation のクリーニングスプレーなどを購入しています。

Jillian
米国・フロリダ州在住の大学生
「通常は写真を投稿するのではなく、インスピレーションを与えてくれるものを探したり、新しいお気に入りを発見するために Pinterest を使います」
62 %
Pinterest のおかげで生活がより効率的になったと述べるユーザーの割合
59 %
Pinterest で新製品を発見したことがあるミレニアル世代の割合
自分専用の学生寮

結局、Jillian は実家近くの大学に入学が決まります。つまり、自分の部屋をそのまま使えばお金が貯められるということです。そこで、すぐに大学の寮に移る予定はありませんでしたが、小型冷蔵庫などいろいろと新しいものを買いそろえて、自分の部屋を大学生活向けにアップグレードすることにしました。

「いろいろと買いそろえて部屋を模様替えすることで、気分の切り替えができました。高校を卒業して人生の新たな第一歩を踏み出した感覚が芽生えたのです」と Jillian は述べます。

44 %
Pinterest の非ユーザーよりもインテリア製品を購入する可能性が高いユーザーの割合
80 %
Pinterest に掲載されているインテリア関連のブランデッドコンテンツを有益だと感じるユーザーの割合
さらに詳しく

プロモートピンを活用してこれから引越しをする学生にリーチするために、この家財道具の小売業者が行った取り組みを学ぼう

The Home Depot が Pinterest で実施した革新的なキャンペーンが、いかにして初めて家を購入するユーザーとの関係構築を促したかを理解しよう